睡眠不足は肥満を引き起こす元凶になります。

「寝ている間はカロリーが消費されないから、痩せるためになるべく睡眠時間を削っているんです」という人がたまにいますが、これは本末転倒です。

睡眠時間が短い人は、外見を著しくオジサン化、オバサン化させる原因になってしまっている事実を知らなくてはいけません。睡眠不足は肥満を引き起こす大きな原因になるからです。

睡眠不足は様々な体調不良や病気の原因になる事は周知の事実ですが、実は肥満の原因にもなるのです。。。

寝ないと太る

これは、なかなか信じらない事実かもしれませんが、医学界でも実証されている紛れもない事実です。医者の友人が私にはいるのですが、そのお医者さんの彼も言っていました。

アメリカ合衆国のコロンビア大学では平均睡眠時間が7時間のグループを基準にした場合、睡眠時間が6時間だと23%、5時間だと50%、4時間以下だと73%も肥満になる確率が高まるという驚くべき調査結果も報告されています。

では、なぜ睡眠時間が短くなると太るのでしょうか?

その理由の1つが食欲をコントロールするホルモンの分泌異常が睡眠不足によって引き起こされてしまうからです。

人の食欲や代謝をつかさどるホルモンにはレプチンとグレリンがあります。レプチンは脂肪細胞が体に増えると脳に働きかけて食欲を抑え、エネルギー消費を増やす働きがあります。グレリンは脳の視床下部に食欲増進と血糖値上昇の指令を出すホルモンで、グレリンの分泌量が増えると、人は食欲が増進し、カロリー摂取量が多くなってしまい、肥満につながるのです。

肥満をもたらす睡眠時間の境界線は6時間

つまり、レプチンとグレリン、この2つのホルモンが体の中で戦っているのです。

レプチンが勝てば肥満にならなくて済むし、グレリンが勝てばどんどんブクブク太っていってしまう傾向にあるという事ですね。そしてその戦いに大きな影響をもたらすのが、睡眠時間という事なのです!

その戦いの分岐点となる睡眠時間が6時間で、睡眠時間がこれよりも減るとレプチンの分泌量が減ってグレリンの分泌が増えてくるのです。

アメリカのスタンフォード大学(一流大学です)の睡眠研究によれば、睡眠時間が5時間の人は9時間の人に比べてレプチンの分泌量が15%近く減ってしまい、反対にグレリンの分泌量が15%ほど増加することがわかっています。

また、シカゴ大学の研究によると、睡眠時間4時間の人と10時間の人を比較すると、4時間の人はグレリンの分泌量が30%も増えるという驚きの結果が分かったのです。

つまり、寝不足ほど太る、という事はこの結果に如実に現れているわけですね!日中必死にカロリー制限をしても寝不足状態が続けば意味がないという事ですね。

もちろん肥満予防にはカロリー制限も重要なのですが、それ以上にしっかりと睡眠時間を確保することのほうが重要で、体内のホルモンの力を借りながら効率的に痩せられるという事なのです。

睡眠不足が続くと基礎代謝も下がる

睡眠不足が続くと基礎代謝も下がります。これも厄介です。

基礎代謝とは、何もしなくても息をしているだけでも生命維持のために使われるエネルギーのことで、基礎代謝が高いひとほど、痩せやすい、健康的な体だと言えるのです。

体質やライフスタイルで基礎代謝は変化しますが、基礎代謝が高い人ほど太りにくい体質なので、現在肥満傾向でダイエットしたい人は、なんとしてでも基礎代謝をあげようとするものですね。

そして基礎代謝をアップさせる役割を果たしてくれるものの1つに、睡眠中に分泌される成長ホルモンの存在があります。

成長ホルモンには余分な脂肪を燃焼させる作用があるため、深い睡眠を毎日きちんととっていれば、睡眠中のカロリー消費量が黙っていても上昇するのです。これは良いことですよね。

つまり、健康体や若々しい見た目をキープしたいのであれば、食生活ももちろんですが、睡眠の質を見直さないといけないという事がわかりますね。

睡眠不足解消には敷布団やマットレスの見直しが効果的

なかなか寝付けない、不眠になる原因の1つに「寝具があっていない」というものがあります。その最たる例がマットレスです。

質の悪いマットレスを使用し続けていると、それだけで睡眠の質が下がり、例えば不眠などを招くこともあるのです。高反発マットレスおすすめですし、高反発か低反発で迷った場合は迷わずに高反発のマットレスを購入することをおすすめします。

良い高反発マットレスを使用することで自然な寝返りが打てますし、朝起きた時の体の疲れがない状態になります。

PAGE TOP